製品リストを表示

3D Readyアテロコラーゲン
3D Ready Atelocollagen DMEM Low/High Glucose

概要

アテロコラーゲンのゲル化に必要な中和作業や培地との混合作業の手間を省き、安定した三次元培養(3D培養)を手軽に行えます。ウシ皮由来の高純度アテロコラーゲンに予めDMEMが混合されていますので、細胞と混ぜて温めるだけですぐに使用可能です。調製中の線維形成やゲル形成中の細胞沈降の心配もなく、これから三次元培養(3D培養)を始める方に特にお勧めです。

用途

  • 三次元培養(3D培養)

  • コラーゲンゲル上培養

  • コラーゲンゲル共培養

特長

  • Ready-to-useの三次元培養(3D培養)用アテロコラーゲンです。
  • DMEM Low GlucoseあるいはHigh Glucoseが混合されています。
  • 細胞と混ぜて温めるだけの簡単な操作で、コラーゲンゲルを形成します。
  • ゲル形成中の細胞の沈降を抑制し、安定した三次元培養(3D培養)を実現します。

コラーゲンの種類

ウシ皮由来アテロコラーゲン

製品の一時的な容器変更のお知らせ
容器の世界的な供給不足のため、別表の通り代替容器にてお届けしております。代替容器についても供給が不安定なため、別の代替容器へ変更することがございます。容器の供給が安定になり次第、従来の容器に戻す予定です。 容器の一時的な変更に伴う型番、仕様、価格、発注方法に変更はございません。

製品番号 製品 包装 価格
3D-LG01 3D Readyアテロコラーゲン DMEM-LG1 無菌
3D Ready Atelocollagen DMEM-LG1(Low Glucose)

12mL/本

¥9,800
(税込¥10,780)
3D-LG05 3D Readyアテロコラーゲン DMEM-LG5 無菌
3D Ready Atelocollagen DMEM-LG5(Low Glucose)
12mL/本×5本 ¥42,000
(税込¥46,200)
3D-HG01 3D Readyアテロコラーゲン DMEM-HG1 無菌
3D Ready Atelocollagen DMEM-HG1(High Glucose)
12mL/本 ¥9,800
(税込¥10,780)
3D-HG05 3D Readyアテロコラーゲン DMEM-HG5 無菌
3D Ready Atelocollagen DMEM-HG5(High Glucose)
12mL/本×5本 ¥42,000
(税込¥46,200)

保管方法:冷凍(-20℃) 本品は研究用試薬です。

3D Readyアテロコラーゲンに関するよくあるご質問はこちら

参考文献

  • 三次元培養(3D培養)
  • 共培養
  • ゲル上培養・その他
    • Decreased levels of endocytic collagen receptor Endo180 in dermal fibroblasts lead to decreased production of type I collagen and increased expression of matrix metalloproteinase-1.
      Iwahashi H, Kawashima Y, Masaki H.
      Photodermatol Photoimmunol Photomed. 2021 Sep 1. Epub ahead of print. PMID: 34469613.
      線維芽細胞含有コラーゲンゲルをディッシュやプレートに播種し、コラーゲンゲル収縮等を評価。
    • Metabolic characterization of aggressive breast cancer cells exhibiting invasive phenotype: impact of non-cytotoxic doses of 2-DG on diminishing invasiveness.
      Fujita M, Imadome K, Somasundaram V, Kawanishi M, Karasawa K, Wink DA.
      BMC Cancer. 2020 Sep 29;20(1):929. PMID: 32993545
      乳がん細胞のコラーゲンゲル内三次元培養。
    • Newly Established Patient-derived Organoid Model of Intracranial Meningioma.
      Yamazaki S, Ohka F, Hirano M, Shiraki Y, Motomura K, Tanahashi K, Tsujiuchi T, Motomura A, Aoki K, Shinjo K, Murofushi Y, Kitano Y, Maeda S, Kato A, Shimizu H, Yamaguchi J, Adilijiang A, Wakabayashi T, Saito R, Enomoto A, Kondo Y, Natsume A.
      Neuro Oncol. 2021 Jul 2:noab155. doi: 10.1093/neuonc/noab155. Epub ahead of print. PMID: 34214169.
      脳腫瘍オルガノイドをコラーゲンゲル内に包埋し、パラフィン切片を作製。