AteloSeriesCollagen for Cell Culture and RNAi Techonology

メールニュースバックナンバー

【研究者に聞くAteloGeneの魅力!】癌学会の出展情報もあり

2022年09月27日

 

 

 

   

 

研究者に聞くAteloGene®の魅力!癌学会の出展情報もあり

-siRNAやmiRNAの投与におけるAteloGene®のメリット

 

≪初公開!AteloGene®のインタビュー記事≫

AteloGene®をご使用いただいている国立研究開発法人国立がん研究センター・鶴岡連携研究拠点・がんメタボロミクス研究室の牧野嶋秀樹先生のインタビュー記事が公開となりました。以下のような方にお勧めの記事です。

・メタボローム解析に興味がある。

・マウスモデルを用いたin vivo実験を計画中。

・AteloGene®は論文でよく見かけるけれど、どんなメリットがあるの?

 

≪学会出展のご案内≫ 

 

学会名 :第81回日本癌学会学術総会

学会会期:2022年9月29日(木)~10月1日(土)

展示会場:パシフィコ横浜 展示ホールB+C ブースNo.25

 

現在のところ現地開催のようですが、最新情報は公式Webサイトをご確認の上でご来場ください。当日はがん研究での実績多数のAteloGene®に加え、発売したばかりの3DハニカムBoostedを展示します。

 
≪主な展示品のご紹介≫

AteloGene®シリーズ

徐放性局所投与用・全身投与用

https://campaign-image.com/zohocampaigns/730199000015591004_2_1662106563505_zc-noimage.png
 

https://campaign-image.com/zohocampaigns/730199000015591004_1_1662106563458_zc-noimage.png
 

In vivo用siRNA/miRNA導入キットです。AteloGene®の主成分であるアテロコラーゲンは、核酸と混合することにより静電的に複合体を形成し、核酸分解酵素による核酸の分解を防ぐことが可能です 。

 

 
   

 

Atelocell®シリーズ

3DハニカムBoosted

★会場では実物に触れられます★

 

https://campaign-image.com/zohocampaigns/730199000015591004_zc_v26_1662106563551_3d_honeycomb_boosted_cropped_compressed.png
 

 

発売したばかりのアテロコラーゲン製のスポンジ状スキャフォールドです。96wellに収まるサイズで35mmディッシュ並みの細胞数(約106個)が培養出来ます。 トリプシンでの細胞回収も可能です。

 

≪お知らせ≫

3D Readyアテロコラーゲンとコラーゲン酸性溶液の取扱説明書が改訂されました。細胞回収時のコラゲナーゼ処理の方法をより分かりやすく修正しましたので、ご利用ください。