手頃なオルガノイド培養をあなたのラボにも! | Atelo Series

AteloSeriesCollagen for Cell Culture and RNAi Techonology

メールニュースバックナンバー

手頃なオルガノイド培養をあなたのラボにも!

2021年08月25日

 



 

手頃なオルガノイド培養をあなたのラボにも!

– 可溶性基底膜調製品の代わりに –

近年、様々な研究分野で目にすることが増えてきたオルガノイド培養。自身の研究にも取り入れられないかと、ご興味をお持ちの方も多いかと思います。そのオルガノイド培養で頻繁に使われるのは比較的高価な可溶性基底膜調製品ですが、実はより手頃な価格のアテロコラーゲンも同様に使用できることをご存知だったでしょうか?

https://campaign-image.com/zohocampaigns/730199000002948061_zc_v59_1627613884337_orgganoids.jpg
 

 詳細は下記の日本組織培養学会にて発表予定ですが、例えば両基材を用いて小腸オルガノイドの水分泌能を比較したところ、両者が同等であると示されました    (左:可溶性基底膜調製品、右:アテロコラーゲン)。


当社のポスター発表について

 学会:日本組織培養学会 第93回大会

 日程:9月2日~3日

 会場:広島大学霞キャンパス

 演題:オルガノイド培養でのアテロコラーゲンゲルの利点

 著者:久田美咲、池田 薫子、藤本一朗

その他にも以下のような文献が発表されています。

Early invasion of the bladder wall by solitary bacteria protects UPEC from antibiotics and neutrophil swarms in an organoid model. 

Sharma K, et al.

Cell Rep. 2021 Jul 20;36(3):109351. PMID: 34289360.

大腸菌を注入した膀胱オルガノイドや膀胱オルガノイド+好中球の共培養モデルをコラーゲンゲル内培養。

 

Generation of mouse hepatobiliary organoids from hepatocyte progenitors and cholangiocytes isolated from healthy adult mouse liver.

Tanimizu N, et al

18 July 2021, PROTOCOL (Version 1) available at Protocol Exchange.

Nature communications誌掲載の肝臓オルガノイド形成論文に関連するプロトコル

 



https://campaign-image.com/zohocampaigns/730199000003277004_zc_v59_1627613884266_3d_ready_atelocollagen_2_resize.jpg
 

3ステップの安定した3D培養をあなたのラボにも!

3D Readyアテロコラーゲンは、ゲル化に必要な中和作業や培地との混合作業の手間を省き、細胞と混ぜて温めるだけの簡単な操作でコラーゲンゲルを形成します。オルガノイド培養にもぜひご利用ください。


 

「学会発表内容の詳細を知りたい」や「製品サンプルを希望する」などのご要望がありましたら、以下のお問い合わせフォーム、あるいは当社Webサイトのチャット機能をご利用ください。