やはり違った!コラーゲンとゼラチン、コラーゲンペプチド | Atelo Series

AteloSeriesCollagen for Cell Culture and RNAi Techonology

メールニュースバックナンバー

やはり違った!コラーゲンとゼラチン、コラーゲンペプチド

2021年09月28日

 



 

 

やはり違った!コラーゲンとゼラチン、コラーゲンペプチド

 

– 分子量だけではない違い –

皆様はコラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドと聞いて、ぱっと違いが頭に浮かぶでしょうか?これらの違いについては営業の際によく耳にする質問であり、意外と知っているようで知らない方も多いかと思います。コラーゲンは三重らせん構造を持ったタンパク質であり、これを熱変性させたものがゼラチン、さらに低分子化されたものがコラーゲンペプチド(加水分解コラーゲン)です。

https://campaign-image.com/zohocampaigns/730199000003404590_zc_v15_1630399025522_collagen_gelatin__collagen__peptide.jpg
 

 

https://campaign-image.com/zohocampaigns/730199000003404590_zc_v59_1627613884266_3d_ready_atelocollagen_2_resize.jpg
 

ゲル形成も細胞接着も異なるコラーゲンとゼラチン


コラーゲンと
ゼラチンでは分子量や構造が異なるだけでなく、ゲル形成や細胞接着のメカニズムにも違いがあります。以下のリンクのお役立ち情報でまとめていますので、ぜひ一度ご覧ください。

 


 

「コラーゲンとゼラチンの使い分けを知りたい」や「製品サンプルを希望する」などのご要望がありましたら、以下のお問い合わせフォーム、あるいは当社Webサイトのチャット機能をご利用ください。