皮下腫瘍モデルへのトランスフェクションと言えばAteloGene | 株式会社高研

AteloSeriesCollagen for Cell Culture and RNAi Techonology

メールニュースバックナンバー

皮下腫瘍モデルへのトランスフェクションと言えばAteloGene

2016年10月04日

今回のメールニュースでは、「AteloGene Local Use(型番:#1390)」を用いた膀胱がん皮下腫瘍モデルマウスへのsiRNAおよびmiRNA投与例をご紹介いたします。

siRNAおよびmiRNAを用いた膀胱がん増殖抑制

【論文情報】
Regulation of SLD5 gene expression by miR-370 during acute growth of cancer cells.
Yamane K, Naito H, Wakabayashi T, Yoshida H, Muramatsu F, Iba T, Kidoya H, Takakura N
Sci Rep. 2016 Aug 8;6:30941. PMID: 27499248

【概要】
DNAポリメラーゼεの制御に関わるGINS複合体を構成するSLD5とPSF1-3のうち、後者はがんの進行との関連が示されています。

一方、SLD5の発現量とがんの進行に関する報告はまだないため、その関連性を明らかにするための研究が行われました。

まず、ヒト膀胱がん細胞と正常細胞の比較により、SLD5はがん細胞において発現が亢進していることが示されました。

次に、ヒト膀胱がん細胞の皮下腫瘍モデルへ、AteloGeneを用いてSLD5 siRNA投与したところ、対照群と比べてSLD5の発現量は約半分に減少し、腫瘍増殖も顕著に抑制されました。

続いて、SLD5を負に制御するmiRNAを探索したところ、miR-370が候補に挙がり、ヒト膀胱がん細胞ではその発現が低下していることも判明しました。

さらに、siRNA実験と同じモデルへのAteloGeneを用いたmiR-370投与の結果、対照群と比べてSLD5の発現量や腫瘍増殖の有意な抑制効果が認められました。

投与部位でのゲル化速度や核酸導入効果が向上した、徐放性トランスフェクション試薬AteloGene局所投与用の改良品

製品名:
 ・AteloGene Local Use “Quick Gelation”(型番:#1490)

高純度かつお手頃価格のsiRNA、miRNA合成サービスをお探しの研究者に

合成サービス名:
AteloSiLence

・in vivo用製品例 :HPLC精製 siRNA 25nmol 50,000円(税別)~
 HPLC精製 miRNA 25nmol 58,000円(税別)~
・in vitro用製品例 :脱塩精製 siRNA 25nmol 27,000円(税別)~
 脱塩精製 miRNA 25nmol 30,000円(税別)~

関連製品