Q&Aメニューを表示

コラーゲンスポンジ ハニカム

ハニカムへの細胞播種方法は?

取扱説明書のPDFファイルがこちらよりダウンロード可能です。

ハニカムへの細胞播種効率は?

細胞種や播種方法にもよりますが、概ね20~30%の細胞がポア内部に接着します。

コラーゲンスポンジハニカムを用いたiPS細胞の培養実績は?

 iPS細胞由来神経幹細胞の分化誘導や移植に使用された実績がございます。

ハニカム内で培養した細胞の回収方法は?

細胞分散用のコラゲナーゼを終濃度0.1%となるように添加し、37°Cで30分~1時間ほどインキュベートすると、ハニカムは溶解します。

三次元培養後の切片作製は可能か?

組織試料などと同じように、ホルマリン等による固定後のパラフィン包埋やOCTコンパウンドを用いた凍結包埋、切片作製の事例がございます。

細胞移植に使用される製品は?

切開が可能な部位であれば、細胞を添加したアテロコラーゲンスポンジや膜を移植する方法があります。

<アテロコラーゲン製品>

  3DハニカムBoosted

  コラーゲンスポンジ ハニカム/ハニカムディスク96

  コラーゲンスポンジ マイティー

  透過性コラーゲン膜

切開を好まない場合には、細胞と高濃度のアテロコラーゲン溶液を混合して局所に投与することで、コラーゲンがゲルを形成して、投与部位に細胞を移植する方法があります。

<高濃度アテロコラーゲン溶液調製用製品>

  研究用コラーゲンパウダー

移植後の分解までの期間は?

移植先の組織にもよりますが、概ね1ヶ月程度と見込まれます。

既製品以外の大きさやポアサイズのハニカムを製造可能か?

試作品として製造できる可能性がございますので、まずはお問い合わせください。 尚、既製品よりも小さいものに関しましては、メス等の鋭利な刃物を用いて加工することが可能でございます。

Q&Aページに掲載されている情報は、発表済みの論文や社内データ等に基づいて記載しています。