コラーゲン ミクロスフェアのQ&A AteloCell | 株式会社高研

Q&Aメニューを表示

コラーゲン ミクロスフェア

ミクロスフェアへの細胞播種方法は?

取扱説明書のPDFファイルがこちらよりダウンロード可能です。

ミクロスフェア上で培養した細胞の回収方法は?

細胞分散用のコラゲナーゼを終濃度0.1%となるように添加し、37°Cで約1時間インキュベートすると、ミクロスフェアは溶解可能との報告がございます。

培養後の切片作製は可能か?

組織試料などと同じように、ホルマリン等による固定後のパラフィン包埋やOCTコンパウンドを用いた凍結包埋、切片作製の事例がございます。

ミクロスフェアのバッファーは何か?

バッファーはPBS (-)です。

既製品以外の大きさのミクロスフェアを製造可能か?

特注品対応を行うと、相当の高額となることが見込まれるため、コラーゲン酸性溶液を用いたコラーゲンマイクロビーズの作製論文もご紹介しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

ミクロスフェアは旋回培養以外に静置培養にも使用可能か?

線維芽細胞や骨芽細胞の静置培養に使用された実績がございます。

Q&Aページに掲載されている情報は、発表済みの論文や社内データ等に基づいて記載しています。