Q&Aメニューを表示

コラーゲンスポンジ35mmディッシュ用

コラーゲンスポンジ35mmディッシュ用の使用事例は?

 in vitro組織モデルや石灰化の研究のため、線維芽細胞や骨芽細胞をコラーゲンスポンジに播種し、培養に使用した事例がございます。

移植にも使用できるか?

本製品は抗原性を示すテロペプチドを保持したネイティブコラーゲン製です。マウス腎皮膜下などへの移植事例もございますが、移植をお考えの方にはコラーゲンスポンジ マイティーコラーゲンスポンジ ハニカムのご利用をお勧めいたします。

三次元培養は可能か?

本製品の表面には被膜が形成されているため、細胞播種時はスポンジ表面に細胞が接着しますが、培養後約1週間でスポンジ内部にも細胞の侵入が認められるとの報告がございます。

Q&Aページに掲載されている情報は、発表済みの論文や社内データ等に基づいて記載しています。